×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

敏感肌対策を考えた化粧品の選び方とは?

敏感肌対策として、ほとんどの化粧品メーカで下地にヒアルロン酸やセラミドなどの保湿成分が配合されている化粧水を発売しています。さらに最近では「ライスパワーNo.11」と呼ばれる、肌細胞の健全化を促進して、セラミドなどを作り出す成分を配合した保湿化粧水に人気があります。
敏感肌対策のために化粧水などのスキンケア商品を変えた場合でも、実際に肌にとって効果が表れるまでにはある程度の日数が必要です。ただし敏感肌の人は肌にあう製品を慎重に選ぶ必要があります。少量を乳液などと一緒に使用し、定期的に種類を変えながら敏感肌対策をすることをお勧めします。また敏感肌の人にとって、季節の変わり目や生理前〜生理中などのお肌は、ダメージを受けやすい状態といえます。この時期に化粧品の変更は控えた方が良いでしょう。
敏感肌の人には、パッチテストが効果的です。サンプルによる肌トラブルを回避できます。化粧水や乳液を買う際は、事前にネットなどで情報を取得したり、商品のパンフレットやラベルを参考に、敏感肌に刺激を与える成分が含まれていないか、チェックすることも大切です。

>>敏感肌の方でも安心して使用できる化粧品はこちら

肌への負担が少ないメイク

敏感肌の人は特に肌の水分量が不足しているので、パウダータイプのファンデーションによって肌が乾燥して白く粉をふいたり、肌がめくれるケースがあります。保湿成分が配合された化粧水を使っていても違和感がある場合は、乾燥性敏感肌に適応したリキッドタイプのファンデーションを試してみましょう。
ファンデーションを選ポイントとしては、刺激の少ない配合成分であるか、香料やアルコールが含まれていないか、またアレルギーテスト済みかなどが挙げられ、これらの項目は事前に確認しておくことをお勧めします。また防腐剤の有無も重要なポイント。しかし化粧品にも使用期限がありますので、購入日を記載しておいて一定期間内に使い切ることを心がけましょう。
敏感肌対策には、ファンデーションだけでなく、パフやスポンジ、タオルなどの刺激によって炎症やかぶれを発症する場合もあります。毎日使うパフはまとめて買い置きしておき、こまめに取り替えることが敏感肌対策としても有効でしょう。
また敏感肌の人にとって肌トラブルの原因となるリップグロスやリキッドアイライナーも要チェック。敏感肌対策としては例えば無添加タイプの商品を選びます。

>>敏感肌対策はこちら

メイク落としのポイントは?

敏感肌の女性にとっては、メイクをするときだけでなくメイクを落とす際も、角質などお肌のケアを考えますよね。

洗顔料だけではメイク落としは十分ではありません。メイクが残っている状態で化粧水や乳液で保湿を行なうと、肌には浸透しないばかりか皮脂などの汚れと同様、肌へ刺激を与えてしまうことにもなるので敏感肌対策としては好ましくありません。
敏感肌対策としてはメイク落としを使い、さらにダブル洗顔で肌のトラブル対策をしましょう。最後に保湿成分によるケアを忘れないように。

日中のメイクをしている状態でお肌に負担をかけています。敏感肌対策のメイク落としには肌への負担がすくないタイプを選択します。オイルタイプ、ジェルタイプなど、色々な商品が売られていますが、敏感肌の人は、肌をゴシゴシと摩擦する、拭き取るタイプのメイク落としや、皮脂を取り過ぎてしまう恐れのあるオイルタイプのメイク落としはあまりお勧めできません。
そのため敏感肌対策として肌への負担が小さいものを選ぶと、油性のジェルタイプやクリームタイプ、乳液タイプが候補となります。お好みで使ってみてはいかがでしょう?

>>セラミド対策はこちら

Copyright © 2008 肌に優しい化粧品。あなたのメイクの方法は正しいですか?